読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車内ニート

アニメ

個人的に今期アニメでナンバーワン(でも同意してくれる人多いと思う)のガールズ&パンツァーの話。

7話まで観たのでそこまでのネタバレじみたものはありますが気にしなくても問題ないでしょう。

最初からうすうす気付いてはいたのですが、この作品は結局のところ「作品開始時点で全国区レベルの実力を持つ主人公が諸々の理由により弱小チームなり素人集団なりを率いて全国制覇を目指す」タイプのスポーツ漫画と同じ文脈を辿っているわけです。

そんなわけで似たような感じの漫画として『DEAR BOYS』を持ってくるわけです。

主人公の哀川和彦は父が監督、兄がコーチをやっているバスケットの全国優勝常連校で2年生にしてキャプテンを務めていてその夏も優勝したがチームの勝利至上主義に嫌気が差して家を飛び出してバスケ部が休部状態の高校に転校して一人暮らしを始めてバスケ部を復活させてなんかいろいろあってその高校で再び全国優勝を目指す、という話なのですが、何かすごく似てるんですけど……


あとずっと同学年5人でやってきてて、負けたことでギスギスして勝たないと彼らに自分を認めてもらえないのではないかとか思い悩んで学校に来なくなって、4人が俺たちあいつのこと何も知らねえって嘆くエピソードがあるんですが、途中で加入した1年生(1人)だけが転校前の学校のこととか少し知ってたのもあって主人公の思いを汲み取ってて5人と色々話して解決するんですよ。

7話の秋山殿と……被って……いるような……


ここまで下書きしてから8話9話見たんですけど……周りのみんなのために勝ちを目指すことを決意するあたりが……似てるなあ……

実際に選手として戦う(であろう)相手の大将はなんだかんだで主人公のこと大好きなあたりとか……似てるなあ……


ま、面白いからいいんですけどね!


秋山殿が歴女チームと仲良くしているのを見るたびに思わず安堵してしまうのでこれがきっと父親の気分なのですね。


ところで新戦車と新戦力に意味はあったのか。

通信も西住殿がやるようになった今、武部沙織さんの役割は一体。一人だけ背景もロクに出てないんですが。

その辺りが今はひどく気になっています。


そして多分BD買います。